文芸部 ライトノベル初心者が、ライトノベル好きのパートナーに指示されながら書く、ライトノベル完成まで5

 ダメ出し出され一日放置する。
 ざっくりと、立ち読みできるものを読んでみる。
 なぁるほどねぇ。と思ってもこれが書けるのかと言われればどうかと思うけども、

 簡素完結に書く。
 辻褄や、説明はすぐさま書き加えて、「こういう世界です」と言い切る。
 とにかく、書かなきゃ進まない。

 以上が思ったことで、間違っていても、書くしかないなぁと。
 勉強するには、あまりにもしんどい(っおい)なので、

 いいよ、パートナーの言うとおりに書いて、だめだったら、パートナーのせいにしてやろう。

 という気持ちで書き直す。
 情緒も、情感も、風光明媚も、大事(おおごと)な心情も必要ないのだ。必要なのは、スピードとそれを失速させない説明だけ。
 さぁ、書くぞ……

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です