文芸部 ライトノベル初心者が、ライトノベル好きのパートナーに指示されながら書く、ライトノベル完成まで3

 さて、ともかく、ライトノベルを書こうと思い立ったので、まぁ、一度もその手のものを読んでいないにもかかわらず書こうとしている時点でアウトだと思うが、いかんせん……無理。

 漫画でならたくさん読んだぞ。けっこうおもしろいし、展開も早くて好みだ!
 だが、問題は、活字になった時に拾えるか。ということだよ。

 ライトノベルのおおよその世界というものがRPGとかいうゲームが主体になっているらしい。
 はいっここで問題! RPGって、どんなゲーム? タイトル名? どういうことするの? という基礎知識がないのだ!
 なので、RPGの世界をそのまま書けばいいと言われても、何が世界なのかが解らない。

 ざっくり教わった。

 中世のヨーロッパ的で、十字軍とかが居て、魔法と剣があって、竜が飛んでいて、長距離移動はワープ可能

 ……パソコンでそんなようなゲームやっていたぞ。
「そう、それがRPG」
「いや、プリウス(古いねぇ。あったねぇ、初期の無料オンライン)とかって言ってたぞ」
「タイトルはね。でも、ああいうのをRPGっていうのよ」

 ……? RPGって、ゲームのタイトルじゃないの? ゲームのジャンル? ってこと?

「あ――――――ね」

 つまり……、ゲームをこよなく愛すべき人々の中には、大なり小なり同じような世界がすでに確立されていて、説明など必要ないのだ。

 そしてこれがダメ出しにつながるけど、それは次回。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です