文芸部 ライトノベル初心者が、ライトノベル好きのパートナーに指示されながら書く、ライトノベル完成まで2

どうも、梅ゆかり母さんです。
ライトノベル初心者が、ライトノベル好きのパートナーに指示されながら書く、ライトノベル完成まで
2話です。制作ノートではなく、愚痴です。ただの、愚痴です

 結論から言いますとね、無理ですよ。辞めたいです。

 とはいえ、自分から、
「ライトノベルに挑戦しようと思う。今年あたり、新しいことはじめんとね」
なぁんて言った手前、辞めるわけにはいかぬのですよ。

 ですが、ですが、ですがーーー

 なるほどー
 よく編集さんとかと喧嘩する。なぁんて、次元の違う話を聞き、
「やっぱ、作家さんて大変だ」
 などと思っていたけど、違うんねん。
 他人と共同で作るっていうのは、自己主張が減るってことなんですよ! 
 よく共同作品。なんて作ってる方いるけど、あれは、話し合って、そういう方向が見えているからできるんであって、

「Aに行こうと思う」
「はぁ? ないない。そんなことしなくても、Hには行けるよ」

え? 順序は? プロセスは?

「そんなところはすっ飛ばせる」

 え? えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ⤵

 そういうものなの? ライトノベルって

 で、いろいろ飛ばすと、
「解んねぇ」
 と言われる。

適度な抜け感……どこなんだぁ?????

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です