感想部8 「ABC殺人事件」(2020年10月31日放送)

ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ]

価格:1,034円
(2021/1/8 13:14時点)
感想(8件)

「ABC殺人事件」です。

超有名な話なんで、ざっくりと知っている人が多いと思います。
ですから、話しの筋はできる限り触れないでおくとして、
デビット・スーシェ主演の名探偵ポワロと、そのほかの作品を比べてみたいと思います。

比べると言っても、覚えている限りの話ですから、
ちょっと、思い違いをしているところがあるかもしれませんが。

つい最近、デビット・スーシェ以外の俳優さんでポワロがドラマ化されました。
多分、有名なイギリスの俳優さんなのでしょうが、すみません。存じ上げませんでした。

時代背景やら、衣装はその当時のものをちゃんと交渉しているようですが、
映像主観と言いますか? 撮影方法? 何といえばいいのでしょうか? 
こう、見る側は好むような映像の作り方。といいましょうか?

デビット・スーシェのテレビシリーズは、原作に忠実であることを心掛けている気がします。
彼の体型や風貌はポワロであり、ポワロは彼なのです。
ですが、この方……、ジョン・マルコヴィッチさんという方のようです。かなりの名優のようです。

この、マルコヴィッチさんの風貌は、ポワロではないのです。
少しくたびれた、過去に重荷を背負った老刑事。といった風貌で、ポワロのそれではないのです。

何よりも行けないのは、ひげです。
ポワロと言えば、あのひげです。あのひげがあるから、ポワロなのに、
マルコヴィッチさんのひげは、サンタクロースです。

それでも、話の筋を追いかけたり、演技の点で楽しませてもらいましたが、

驚いたのは、Bのベクスヒルに行った際の、女性声優の下手さです。
それまでにも、ポワロの姿形に馴染めず、それでも、何とか見ていたし、
時代は、1900年初めのイギリス。とやっと入り込んできたころに、その頃にですよ!!!
急に、突拍子のない甲高い声に思わず現実に引き戻され、
あまりの声に一瞬にして自宅だと思い知らされる。

その後、アレクサンダー・ボナパルト・カストが下宿屋の娘に踏まれる。
踏まれるって……。
という展開にも唖然。

でもそれはいいのです。新しい解釈と、現代ドラマとして作ったのでしょうから、
ですが、あまりにも原作に掛け離れすぎてて、
何でポワロなんだ? という感は否めない。

そういうのもあってか、デビット・スーシェが演じたポワロを見ると、実に安心する。
カストも、原作同様に挙動不審な小心者で、そんな彼だからこそ、
ラストで新聞社からの申し出の話が面白いのに、
なんで、あんなに若くて、筋肉質?

たしかに、戦場へ行った復員兵ですが、あの当時なら、どんな様相の人でも駆り出されたでしょうよ。
そこをあえて、戦場へ行った兵士ならば、という格好にする必要は、無いように感じました。

そして、大々的に文句を言うなら、マルコヴィッチのほうに、
ヘイスティングスもジャップ警部もいないということ。
それは、ホームズの側にワトソンが居ないのと同じです。
いや、ポワロの作品の多くで、ヘイスティングスはいない時があります。
でも、ABC殺人事件では居るのです。側にいて、とても平和的推理を披露するのです。
それなのに、マルコヴィッチのポワロには平和的解釈を持っている人はおらず、
現状にヨーロッパを皮肉っているような暗さしかなかった。

とはいえ、とても面白く見れたのは、演技力のたまものでしょうが、
好きか嫌いかで言えば、デビット・スーシェのほうがはるかに好きです。
それを保守的思考ととらえられても、構いません(笑)

ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ]

価格:1,034円
(2021/1/8 13:14時点)
感想(8件)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です