手芸部 アラン模様のセーター1

どうも、梅ゆかり母さんです。

アラン模様のセーターを編み始めました。拍手―
以前と同じデザインのものです。



押し入れから出してきたので、折れ線がでてますけども
これ、丈が短くて、袖が長すぎたので、丈を長くして、袖を丁度の長さにします。
って、少し解いてやり直せるんですが、どうせなら、最初から、別のデザインにしようかと思い、


二日かかって解く。
もともとがロングカーディガン(市販)なので、毛糸の量は十分ですが、
何度も解いたので、糸がやせちゃってます。
以前なら、ポットを沸かして、それのふたの間をくぐらせ、蒸気で伸ばしてました。
昔なら、そういう道具があったそうですが、もう今はないと思います。

蒸気アイロンでする方法もあるのですが、
うちにあるアイロンの蒸気がそれほど持たないもので、
ほんの少し(シャツ一枚分なら持つかな?)ってやつなので、
ポットでしていたんですが、ポット自体を断捨離したのでありません。

ですから、これで編みます。しっかし、よれよれです(笑)


25年以上前の本です。付き合っていたころ旦那に編んであげたくて買ったんですが、
まさかの「俺、毛糸苦手で、チクチクするし、静電気が嫌」とのこと。
……あぁ、そう。いいよ。あたしが着るから。と何着かここから作ったことのある本です。
それで、これいいなぁと思ったやつ。


で、ゲージ取りで編んだのですが、解りますか?
モデルさん。反町さんですよ。25年以上前の(笑)
いやぁ、反町さんだったのね。と最近気づく。
(って、最近まで見なかったのよね、旦那に作ることないから)

で、ゲージを取ってみたけれど、この毛糸では細すぎて、
さてさて、計算……するのも面倒で、ゲージに合う奴を探したけれど、なかなか無くて、
でもアラン模様のセーター欲しいから探したら、
やっぱり、去年と同じ模様になってしまう。

この模様の何がいいって、真中にあるハニカム模様ですよ。
これ見たとき、私が高校生で、「ワッフル模様」と勝手に呼んでいたけれど、
丁度、ワッフルが流行り始めたころでしたか(笑)
それで、どうしてもこの模様のセーターを作りたかったのだけど、
どうしても、ゲージ取りや、いろいろ面倒で、諦めていたら、
25年ぶりにこれと再会。しかも無料編み図として掲載されているではないですか。

さっそく印刷をして作ったのだけど、丈が短いは、袖は長いは、
でも、もう冬終わるしと思って三回ほど着たかしら?
嫌になった大きな原因、去年の冬は暖かすぎて、セーター要らなかったのよね。
だから、着ても、二時間で脱いじゃうほどで、なんか、嫌んなるなぁと。

でも、今年は寒いらしいので、頑張って編みましょう。
丈をあと、10センチほど長くしたいので、それを考慮しながら編み進めなきゃいけない。
とはいえ、手が乾燥して糸が滑る。
糸が滑るので、程よく緩い。

そして、これがなかなか曲者で、編んでは解き、編んでは解きを繰り返す。
どこで間違うって、そりゃ最初の模様ゴム編みからですよ。
ゴム網を編み終えて目数を増やし、本体模様への切り替わりで目数が合わない。
何でよ???
って、また解く、何度も確認して編んでいるのに、どうしても、なんだか、かんだか数が合わない。

ここまで編んで間違いに気づく。


三度目の正直を過ぎている気もするけど、やっと、ここまで編む。
これが、13日の状態。

14日 何度も編み直したりしたせいで、左手首が痛い。
だから、少しだけ、

15日 用事をしながらだったのであまり進まなかったけれども

16日 出かけていたので、帰ってきた午後いっぱいで編んだ(日のある間)

関係ないけれど、編みかけの上のパンがおいしそうでしょ?
大好きな塩パンと、塩ミルクパンです。
それは、また別の機会に紹介します。
柿も食べてますよ、美容と便秘解消だっけ? いや、出ないけどね(笑)

さて、来週はどこまで編めるかな?
間違えなきゃいいだけの話なんだけども……

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です