片づけられない理由

どうも、梅ゆかり母さんです。

色々片付けについて書いてきたけれど、これはあくまで個人的意見で、
実際には、片付けが嫌いな私が、そう思った。ことを先に話すべきでしたね。

本当に、片付けとか大っ嫌いで、何で片付けなきゃいけないのか?
と考えるほうで、
子供のころから、「お姉ちゃん、」
あ、私三人姉妹弟の長女です。
「お姉ちゃんの机、いつも汚い」
と言われていた子供でした。
もうねぇ、何で片付けているのか意味が分からないほどで、
どうせ、使うのに。と思っていたほうです。
こういう思考が汚部屋行きなのでしょうが……

そんな私も結婚をして、子供ができて変わるか?
と言ったら変わらず。
あいも変わらず、あれはどこ? これはどこ?
と探す日々。

それがここにきて片付けているのは、掃除動画を見るようになってから。
掃除道具を見て、私はましだ。と思う反面、このまま掃除しなければ、あれになるという恐怖から、
掃除や片付けを始めたのだけど、
片付ける方法が分からない。

驚くことに片付ける方法が分からないから、片付けられないことに気づいた。
要らないものを捨てようにも、
物への愛着や、執着、所有欲が強すぎて手放すことができない。
あとは、そんなに買い物をするほうではないけれど、
「お買い得」という言葉に弱い。
そのおかげで、ストック庫が必要で作ったのだけども。

ストック庫があろうがなかろうが、収納場所が多かろうが、少なかろうが、
自分が管理できるだけのものであるかどうかという点は、ちょっと気付いてなかった。
要る要らないも大事だけど、管理できるかどうかも必要だとつくづく思った。

お買い得商品をたくさん買って来ようとも、買ったことを忘れず、
その在庫を把握できてさえいればいいのだ。
そのためにも、要らないものは破棄して見通しよく、
同じものは、その必要な場所に置く。

そんなことすら気づかなかった。
とりあえずある箱や棚に入れていたから、
ティッシュ一つとっても、あっちや、こっちやと置いていたし、
洗剤だけど、トイレの洗剤が、洗面所下に置いてたり、
それじゃぁ、解りにくい。

ストックするにしても、使う場所ごとに分けていれば、
見やすくて、管理しやすい。

多々、それだけの事なのに、それができてなかった。
だから、消費期限切れや、ウェットシートがドライシートになっていたのだ。

要らないものに関しても、一気に捨てたあとすぐ買いに行く時があるから、
徐々に捨てていくことにした。

私の中で一番だったのは、
誰かに言われて捨てたり、片付けるとすぐに散らかるが、
自分で決めて捨てたり、片付けると、文句言えなくなる。
だって、自分で動かしたんだから、覚えていないほうがいけないわけだから。

と、一時間、二時間かけ片付けたが、
こんなに大変なら片付けするのやめときゃよかった。と思ったが、
繰り返すうちに、片付ける時間が短縮されていることに気づく。

そう、自分で要る要らないを仕分け、自分の意志で片付けているので、
それ以上のものは増えないし、増えても、そこに片付けるようになったので,
集中して片付けなきゃいけないようなことはなくなったかな

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です