うちの猫-ゆずさんのこと

どうも、梅ゆかり母さんです。
私の身の回りでいろいろと変化があって、
というのは数日後ですが、まぁ、それを書くのはまだ先でしょう。
そんでもって、セーターですが、
どえらいミスをしていたし、
まぁ、編み直してますけどね

ということでネタがないんで、
うちの猫を載せちゃおうと思いまして。
もうねぇ、冬毛はいいです。
もっふもふで。

短毛の猫ですが、それでももっふもふになるんですよね。この時期は
乗せろと近づいてくる絵

 


 


ちょいちょいするんで下を覗く
視線を逸らす。何故や?


 

  

 

 

 

股の間に乗りたいらしく、入ってくるが、
狭いと、前足と、後ろ脚と、けつで、間を広げようとする。

 

 

 
そしてちょうどいい隙間を作ると、
安定のスタイルをとる
これをどけるのは、無理だわ

左足を折った状態が好きなので、
左足がひどく痺れるんですけど、幸せの重みです。

 

 


 

何故が落ちそうなほど椅子の端で寝ている。
でも落ちない。
器用だ。

 

 


 

 

金縛り? って思ったら、乗ってた。
身動き取れんほど重い。

 

 

 


「お待ちしてますっ」
って顔が、もう、寝てしまうやろぉ―――

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です